• コーヒーの本当のおいしさ ロクメイコーヒーが伝えたいこと
  • お歳暮ギフト特集
  • クリスマスギフト特集
  • スペシャルティコーヒー ギフト
  • engiシリーズ ギフト
  • JCRC2018優勝 焙煎士 井田浩司

Specialty coffee,better everyday!!

コーヒーノキと焙煎

ドキュメンタリー風のフィクション映画を「フェイクドキュメンタリー」や「モキュメンタリー」と呼ぶそうです。
また、派生で「第三者に発見された映像」風のフィクションを「ファウンドフッテージ」と言います。
有名なところだと「ブレアウィッチプロジェクト」とか「パラノーマルアクティビティ」あたりの
映画を指しますが、このジャンルの最大の特徴はほぼハンディカメラでの撮影のため予算が安く済むところで
無名の監督でもアイディアだけで勝負ができるジャンルですね。VRとの相性も良さそうだし。
ぜひ日本では劇場版「藤岡弘、探検隊」をファウンドフッテージ風にやってほしい中川です。

べたつく湿度と徐々に上がる気温、夏を感じる気候となってきました。
つい先日、探偵がナイトにスクープする深夜番組で、亡くなった夫といっしょに何年も育てていた
コーヒーノキにたった一つだけ実が成ったから、この実をコーヒーにして飲みたいという依頼を取り扱っていました。
結果的にごく少量のコーヒーを飲めるのですが、コーヒーができるまでの過程がミニマムバージョンで
紹介されていたのでとても興味深い内容でした。

この番組をみて気づいたのは、焙煎についてほぼ何も知らない自分です。
そもそも、焙煎とは油や水を使わずに食材を加熱乾燥させる風味が変える手法で
コーヒー以外にもカカオやピーナッツ、後、ほうじ茶も焙煎だそうです。

これ以上は、専門家が近くを歩いていることもあるので、機会があればちゃんと聞いてみようと思います。

ちなみ焙煎の「焙」の意味は
「なべなどに食品を入れて、水分がなくなるまで熱する。また、あぶり焦がす。」
「煎」の意味は
「乾燥した食材をさらに加熱して風味を出すこと。乾煎り。」

なんか意味被ってない…?

それでは

2017/6/30

  • お客様へ大切なお知らせ
  • スペシャルティコーヒー 送料込みギフトセット

  • スペシャルティコーヒー メディア掲載
  • スペシャルティコーヒー 焙煎士 井田浩司
  • 自家焙煎スペシャルティコーヒー専門店 ロクメイコーヒー 採用情報
  • 店舗紹介

井田浩二について 事業者様向け 卸販売サイト we can ship abroad

  • スペシャルティコーヒー インスタグラム スペシャルティコーヒー facebook スペシャルティコーヒー インスタグラム スペシャルティコーヒー facebook

新商品のお知らせやお得な情報をお届けします!下記にメールアドレスを入力し登録ボタンを押して下さい。

変更・解除・お知らせはこちら

ページトップへ