" "

法事や法要の弔事に贈る「御供」
故人への敬意を込めてロクメイのコーヒーを

生前お世話になった故人の方への敬意と感謝を込めて、御供を贈りたい。
でも何を贈ればいいのか、失礼のないようにしたい。

そんな想いを無駄にしないように、基本的なマナーなどを紹介いたします。

■お供えとは
簡潔にお答えすると、喪家やご親族以外の方が贈るものを指します。
また、金銭やご親族が用意するものはお供えとはなりません。

■何を贈ればよいのか
一般的には、消費されるものが良いとされています。
例えば、食物、飲料品、花などになります。
しかし、食物は肉類や魚類など殺生を連想させるものはタブーです。
また、ニンニクのような臭いのきついものも避けてください。

■熨斗の種類は?
熨斗は「黒のし・結び切り」の水引に、表書きを「御供」と書きます。
関西や一部の地域では、「黄のし・結び切り」とする場合があります。
また地域以外にも、法事やお盆、時期によっても変わることがありますので、贈る相手様に合わせてお選びください。

■相場は?
香典を出すか出さないかで変動します。
香典を出す場合、3,000~5,000円程度
香典を出さない場合、5,000~10,000円程度

ここまで、基本的なマナーをご紹介しましたが、地域や立場、宗教、風習などによって異なることがありますので、贈る前に相手先様に合わせて確認が必要です。

商品検索

キーワード検索

注目キーワード